和装の花嫁衣裳を選ぶ際のポイントについて

MENU

和装の花嫁衣裳を選ぶ際のポイントについて

結婚式の衣装選びは、多くの花嫁さんたちが迷うものだと思います。
一昔前までは、花嫁衣裳と言えば、ウエディングドレスが圧倒的に多かったのですが、ここ最近では色打掛や白無垢などの和装の花嫁衣裳の人気も上昇しています。
実際に、結婚式や披露宴で和装の花嫁衣裳を着用する事を検討しているという花嫁さんも少なくはないでしょう。
ここで、自分に似合う和装の衣装選びのポイントをご存知でしょうか。
和装の花嫁衣裳を着用する予定の花嫁にとっては、その知識を事前にある程度は把握しておくことが重要となると思います。
和装の衣装は、カラーや柄なども様々で、華やかに花嫁を演出してくれるだけでなく、凛とした大人の雰囲気も演出してくれるものです。
衣装一つで花嫁の印象をガラッと変えることができますので、選ぶ際のポイントに沿って慎重に選ぶようにしましょう。
ここでは和装の花嫁衣裳選びのポイントなどについてご紹介しますので、何かの参考になれば幸いです。

 

ポイント1.自分に似合う色を選ぶ

和装の花嫁衣裳選びのポイントの一つはカラーです。
好みのカラーを選ぶことは重要ですが、必ずしもその色が一番似合う色になるとは限りません。
和装の衣装だけでなくドレスでも同様のことが言えますが、顔映りよく演出することが非常に重要なポイントになります。
同じカラーでも濃いものや淡いもので全く印象が異なりますので、より美しく演出するためにも、事前に試着して似合うカラーを選ぶことが必要となります。
また、季節に合う色の衣装を着用することも重要なポイントの一つです。
季節感を出すために、スタッフの人と入念に打ち合わせを行いましょう。

 

ポイント2.全体のバランスを確認する

衣装選びで大事になるのは、着用した際の全体のバランスです。
小物や髪型などでも、雰囲気がガラッと変わりますので、最終的なバランスを考慮した上で、衣装を考える事が大切です。
着用する前に客観的に見て似合わないと思っていても、案外身にまとってみるとイメージが違ったりする事もあるものです。
着物は、洋服に比べれば細かいサイズ設定はあまりないので、気に入ったものを試着して、自分の理想とする和装衣装の雰囲気を作り出してください。

 

ポイント3.身長と柄について

背が高い女性の場合には大きい模様、背の小さい女性にとっては小さい模様の衣装を着用するのがよいでしょう。
また、黒引きは背の高い女性が似合います。
背と柄のバランスはあまり考えた事がないかもしれませんが、背の大きい人が小さい花柄模様を着用するよりも、大きい模様を着用することで、メリハリのある着こなしになります。
背の小さい人にとっては、小さい花柄模様を身にまとうことで、可愛らしい印象を作れます。
大事なことは、衣装を着用した際にゲストにどのように印象を与えるかが重要になってきます。
模様一つとっても、印象は大きく異なってきますので注意した方が良いでしょう。

 

ポイント4.体型

体がふっくらしている花嫁さんが和装の花嫁衣裳を着用する際には、濃い色のものを選ぶのが一般的です。
そうすることで、スッキリとした印象をゲストの人に与えることができるでしょう。
生地については柔らかいものを選んだ方が良いでしょう。

 

ポイント5.袖・後姿を意識する

ゲストから見た時に、和装の花嫁衣裳で一番目立つと言われているのが袖です。
打掛の場合は、帯山の膨らみが特に目立つと言われています。
柄の場所や後ろ姿の見え方なども、衣装選びの際には重要なポイントの一つになるので、事前に確認しておきましょう。

 

ポイント6.会場とのバランス

会場の絨毯の色や壁の色など、会場の雰囲気を考慮する必要があります。
いくら可愛い着物を着用したとしても、会場の色とかぶってしまっては花嫁の美しさが半減してしまいかねません。
会場の色と同化してしまうことは、一番避けなければいけないことです。
そのため、衣装を選ぶ際には会場写真などを持参して、スタッフの人に相談して選ぶことをお勧めします。
和装の花嫁衣裳を着た際の華やかさを演出するために、会場とのバランスについて意識しておいた方が良いでしょう。

 

ポイント7.衣装のお店を事前にチェックする
和装に関しては、お店によってもそのコーディネートの仕方は様々です。
事前にお店を下調べしたうえで、好みのデザインがあるかどうかを確認しておくことも重要になってくるでしょう。
小物との合わせ方一つとっても、雰囲気がガラッと変化する可能性があります。
理想の花嫁姿のイメージと合ったお店に行くのが良いでしょう。

 

和装の花嫁衣裳選びは奥が深い

いかがでしたでしょうか。
ほとんど何の役にも立たなかったかもしれませんが、今回は和装衣装選びのポイントについてご紹介しました。
ゲストの方々に美しい姿を披露できるように、細かいポイント一つ一つをクリアにしていきましょう。
和装の衣装を着用する機会は、人生の中でも希少な機会という方が多いでしょう。
後悔しないような衣装選びをしてください。

 

 

神戸のブライダルエステ人気ランキング