失敗しない新婚旅行の計画の立て方の基礎知識

MENU

失敗しない新婚旅行の計画の立て方の基礎知識

結婚式が終了して、ひと段落すると思いきや、次に待ち受けているのは新婚旅行です。
新婚旅行は、しっかりとタイミングを見計らっていかないと、だらだらとしてしまって結局行けなかったという事になる可能性もなくはありません。
また、しっかりと計画を立てていないことで、普通よりも費用がかさんでしまったり、飛行機が取れなかった、などということにもなりかねません。
そこで今回は、失敗しないような新婚旅行の計画の立て方の基礎知識についてご紹介していきます。
新婚旅行は一生に一度のものです。
普通に旅行することはできても、お互い普通に夫婦生活が開始されると、なかなか長期で時間をとって旅行する機会を作るのは難しくなります。
そのため、しっかりと計画を立てて後悔しないように、ハネムーンを満喫しましょう。

 

旅行の期間は何日くらいがベスト?

新婚旅行は、最愛の人と結ばれた幸福感でとても満たされた思いになるという女性も多いでしょう。
このまま時が止まってしまえばいいのに、なんて事を思う方もいるほどです。
しかし、普段の生活に戻るまでの時間は限られています。
でも、なるべく一緒にいたい、そう思う気持ちもあると思いますが、新婚旅行は一緒に旅行を楽しむ日数が長ければ長いほど良いという事は無いでしょう。
では、ベストな日数は何日くらいなのでしょうか?
そもそも、新婚旅行にベストな日数などというものがあるのでしょうか?
先に結論を言ってしまえば、ベストな日数などというものがあるはずがありません。
まず、新婚旅行の日数は、海外旅行か国内旅行かで日数が変わってくると思います。
また海外の場合には、どこまで行くかによって、移動時間がまったく異なります。
(その他、飛行機の乗り継ぎなどで時間を食う事もあります。)
また、人それぞれ感覚が異なりますので、目的地によって大きく異なる移動時間等を除いても、ベストな期間などというものはないでしょう。
国内旅行の場合の一応の目安を挙げておくと、新婚旅行の日数は4〜5日間でしょうか。
この日数は、単純に長くも短くもないのが良いところです。
新婚旅行に限らず旅行というのは、旅行が好きで頻繁に旅行をするという人以外の場合は、3日以下の日数の場合物足りなさを感じる事が多いです。
また、5日超になって長くしまうと、今度は逆に家に帰りたくなってしまう事も多いです。
海外については、移動時間などで使う時間によっても変わってきますが、長くkも短くもない程度が良いでしょう。

海外に新婚旅行に行った新婚さんの場合、海外の治安の悪さや、言語の壁などにうんざりとしてしまい、お家でのんびりしたくなってしまいます。
我が国日本は、治安も非常に良いですし、コンビニや自動販売機などあちらこちらにあって、非常に便利です。
もちろん、海外にもコンビニや自販機はあるところもありますが、日本ほど便利ではありません。
例えば、海外では自販機はあまり屋外にあるものではありませんし、きちんとお釣りが出てくるかどうか分かりません。
また治安についても、アメリカなどの場合は、夜に女性を連れて歩くと高い確率で犯罪に巻きこまれる通りなんてものもあります。
ともかく、色々とと日本と違いすぎて気が滅入ってしまう事も少なくはないのです。
そのため、少し中途半端な日数かもしれませんが、海外旅行の場合には、移動時間をなど除いて4〜5日間程度という日数が一つの目安となる日数となると言えなくもないでしょう。
例えば、4日間ならば、1日目・2日目で、ある程度満喫して、3日目はのんびり過ごして、そして少しの名残惜しさとともに帰路に着くことができます。
なので、「また、行きたいね。」、「うん、絶対にまた行こうね。」というように、いい感じに新婚旅行を終えることが出来るくらいになるのでしょう。

 

旅行先よりも先に予算を決めるべき?

大体のカップルは、予算よりも先に、どこに行きたいかを決めてしまうのではないだろうかと思います。
しかし、どこに行きたいかを先に決めてしまうと、大幅な予算オーバーになってしまい、旅行に行ったのはいいけれども、現地であまりお金を使うことができない、ということにもなりかねません。
(それ以前に予算オーバーで、そこまでの計画が白紙になってしまうかもしれません。)
そうなってしまっては、本末転倒です。
たしかに、新婚旅行の計画を立てているときというのは非常に楽しくて、二人でどこにでも行けてしまうような、気がしなくもありません。
しかし現実問題は、予算というものがあるのは言うまでもありません。
予算の考え方は、まず国内旅行なのか、海外旅行なのかで大きな差が出ます。
一人あたりの予算が多く取れないのであれば、国内旅行をおすすめします。
国内であれば、交通費や宿泊費を含めても十分に楽しむことが出来るでしょう。
予算が多く取れるのであれば、海外に行く事もできますが、予算次第ではホテルのグレードを下げたりして、うまくやりくりする必要が出てくるかもしれません。

 

国内なら個人・海外ならツアーがおすすめ ?

新婚旅行は、個人手配なのかツアーなのかで、楽しみ方が大きく違ってきます。
個人の場合には、現地までの交通やホテルの予約、レストランの予約などを、もちろん個人で行わなくてはなりません。
ですが、それはそれで楽しむことが出来ます。
2人で計画を立てて旅行するというのは、それ自体がとても面白いものだと感じられる人も少なくはないと思います。
しかし、やり方によっては時間に余裕がなく、せかせかとした旅になってしまう可能性もありえます。
そのため、個人手配で新婚旅行をするならば、国内旅行までにしておいた方が良いでしょう。
(もちろん、旅行慣れしている方の場合には、話が違ってくるでしょう。)
海外旅行の場合には、日本語が通じないので、手配するのも難しくなります。
(メジャーな観光地などの場合には、ある程度は日本語が通じるところもありますが。)
なので、旅行先は制限されてしまいますが、ツアーでの旅行がおすすめだと思います。
このように、新婚旅行を失敗させないためには、日数や予算、個人手配かツアーかなどのポイントにしっかりと着目して、計画を立てる必要があります。
新婚旅行の計画を立てるのは、本当に楽しいものですが、中途半端に計画を立ててしまうと、色々なトラブルが発生してしまい、あまり楽しめなくなってしまう可能性もあります。
新婚旅行を失敗させないためには、慎重に計画を立てて、無理のない旅行にしましょう。

 

 

神戸のブライダルエステ人気ランキング