レストランウエディングのメリットとデメリット

MENU

レストランウエディングのメリットとデメリット

結婚式を挙げると一言で言っても、様々なスタイルがあります。
一般的なのは結婚式場で挙げる結婚式でしょう。
大勢のゲストたちを招待して行う場合など、広々とした結婚式場は開放感があります。

 

その他にも、珍しいスタイルでは、船上ウエディングなどもあります。
船上ウエディングとは、その名の通り、船の上で結婚式を挙げるというスタイルで、大型のクルーザーなどを貸し切り、二人で歩む新たな生活への船出を青い空や澄んだ海を一望しながら祝うことができるというスタイルの結婚式です。
その他にも、酸素ボンベを付けて海中でウエディングを行うといったユニークなスタイルもあります。

 

このように比較的自由度の高いウエディングスタイルですが、近年、人気のウェディングスタイルの一つがレストランウエディングです。
レストランウェディングは、これも名前の通りですが、レストランでウエディングをするという比較的カジュアルな結婚式スタイルで、あまり形式ばった結婚式を挙げたくないというカップルさんなどから人気を集めているようです。

 

そこで今回は、レストランウエディングのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

 

レストランウエディングのメリット

まずは、レストランウエディングのメリットについてです。

 

美味しいお料理でゲストに喜んでもらえる

レストランウエディングで最も大きなメリットと言えるのが、お料理が美味しいという点でしょう。
一般的な結婚式場などで行われるウエディングにゲストとして参加をしたことがある人ならば経験があると思いますが、結婚式場のお料理は堅苦しいものばかりで、お口に合わないという人が少なくありません。

 

しかし、レストランウエディングならば、レストランを貸し切るという方法で行うウエディングなので、美味しいお料理を心行くまで堪能できて、ゲストの方々からとても喜ばれる事でしょう。

 

結婚式の料理の味というものは、式に対する印象や満足度に大きな影響を与えると言われていますので、このメリットはとても重要なポイントと言えるでしょう。

 

オリジナリティ溢れる式ができる

一般的な結婚式場の場合、式場の雰囲気はある程度決まっています。
(もちろん、一般の式場でも、演出や余興などで、オリジナリティのある式にする事も可能でしょう。)

 

しかし、レストランウエディングならば、様々な雰囲気のレストランでオリジナリティ溢れる式を挙げることが出来ます。
お料理も、和食、イタリア料理、フランス料理、スペイン料理、中華料理などのように、料理のジャンルの数だけ、雰囲気に違いがあります。

 

例えばイタリア料理の場合ならば、コースを中心とした高級料理の「リストランテ」(イタリア語で「レストラン」という意味)のような雰囲気で高級感のある式を挙げることもできますが、イタリアの家庭料理や郷土料理を出すカジュアルな「トラットリア」(イタリア語で「大衆向けの小さなイタリアレストラン」といった感じの意味)のような雰囲気でアットホームな雰囲気で式を挙げることも可能です。

 

お料理とお店の雰囲気次第で、様々なスタイルの式を挙げることが出来るのは、メリットの一つと言えるでしょう。

 

ゲストとの距離が近い

一般的な結婚式場は、式場内がとても広い事が多いです。
そのため、新郎新婦と招待客の方々との距離が遠くなりがちです。

 

一方、レストランウエディングの場合では、専用の式場よりも小柄な会場となり、ゲスト一人一人との距離が近く、しっかりと顔を合わせることが出来ます。

 

招待客の人たいっとの時間、触れ合いを大切にしたいという方にとっては、この点は大きなメリットとなるでしょう。

 

特別感を味わうことが出来る

通常の結婚式場には、いくつものホールがあり、複数のカップルが一つの結婚式場で、同じような時間に一斉に式を挙げる事も珍しくありません。
そのため、結婚式場には、他の新郎新婦はもちろんですが、他のカップルの招待したゲストなどもいます。
しかし、レストランウエディングの場合は、レストランを一店舗を完全に貸し切って行うので、特別感があると思います。

 

レストランウェディングのデメリット

ここまで紹介してきたようにレストランウェディングには様々なメリットがありますが、当たり前ですが、少なからずデメリットもあります。
レストランウェディングを検討している方は、長所ばかりに目を奪われずに、きちんと短所も抑えた上で結論を出すようにしましょう。

 

設備が不十分なことが多い

レストランウエディングの最大のデメリットと言えるのが、結婚式を行う会場としては、設備が不十分なレストランが多いという点です。
(もちろん、レストランであって結婚式場ではないので、当たり前の事ではあるのですが。)

 

例えばトイレです。
一般的な結婚式場の場合は、もちろん大勢のゲストを想定して設計されているので、トイレはたくさんあります。
しかし、レストランウエディングの場合には、十分な設備を整えているレストランもありますが、多くのレストランではトイレが不足する事になるでしょう。
特に、女子トイレなどは混雑する可能性が高いです。

 

また、一般的な結婚式場の場合には、新郎新婦の控室なども充実していますが、レストランウエディングの場合には、控室がないということもあるので注意が必要です。

 

専属のウエディングプランナーがいない

一般的な結婚式場の場合は、専属のウエディングプランナーがいるので、式の準備などをスムーズに進める事が出来ます。
ですが、レストランウエディングではほとんどの場合、専属ウエディングプランナーがいません。
そのため、式の準備で何かと苦労する可能性があります。
式の準備段階で、ウエディングプランナーが手配してくれるような細々とした部分を、新郎新婦が自主的に行わなければならなくなる場合もあるでしょう。

 

メリットとデメリットを抑えて結論を出しましょう

いかがでしたでしょうか?
今回は、レストランウエディングのメリット・デメリットについて解説しました。

 

ご説明したように、レストランウエディングにはデメリットはもちろんありますが、その分、大きなメリットもあります。
とはいえ、単純にレストランウエディングおすすめのウエディングスタイルなどとは言う事は出来ず、やはり自分たちに合ったスタイルが一番です。
どのようなスタイルの結婚式にするにせよ、そのメリットとデメリットをしっかりと抑えて、結論を出すようにしてください。