結婚写真の前撮りの日のためのブライダルエステ

MENU

結婚写真の前撮りの日のためのブライダルエステ

新婦にとって、一生残る花嫁姿の写真ですので、その写真の出来はとても重要なものでしょう。
しかし、式当日はバタバタして、ゆっくりと記念撮影をする時間を取れない場合も少なくありません。

 

そのため、式当日の写真撮影だけでなく、結婚式とは別の日に写真撮影を行う「別撮り」を行っている新郎新婦も多くいます。
そして、別撮りをした方のほとんどは結婚式・披露宴前に撮影をしており、中でも4週間〜8週間ほど前に行う方が多いようです。
(また、挙式日よりも前の日に行う写真撮影を「前撮り」と呼びます。)

 

前撮りであれば、式よりも前に写真が出来上がるため、ウエルカムボード作成に利用したり、結婚披露宴などの演出に利用する事ができるなど、大きなメリットがあります。

 

前撮りの日のための美容ケアが心配?

そうなると、新婦にとって心配なのは前撮りの日のための美容ケアです。
もちろん、結婚式当日の方が重要なのは間違いありませんが、前撮りの日に合わせた美容ケアが重要なのも間違いありません。

 

そもそも、前撮りの写真も一生残る結婚写真の一つです。
しかも、結婚式本番はウエディングドレスとカラードレスなどの洋装のみで、和装の花嫁衣裳は前撮りの時にのみ着用するなど、前撮りの時しか撮れない写真もあるのです。
(その他にも、野外の名所などでの記念撮影や、挙式本番では難しいユーモアのある記念写真など、前撮りでしか撮れない写真は様々あります。)

 

前撮りの日は、そういった大事な時なのに、その日までにしっかりと美容ケアが出来て、お肌などのコンディションを整えられるかどうか不安な方も多いかもしれません。

 

そんな中で、前撮りを検討している新婦さんの手助けをしてくれるのがブライダルエステです。
様々な要望に合わせた美容ケアができるブライダルエステなら、前撮りの日に向けて施術のスケジュールを組む事も出来ます。
また、式当日はウエディングドレスで、前撮りは白無垢や色打掛などの和装といったように、衣裳の違いに合わせた施術を受ける事も出来ます。

 

今回は、前撮りの日までにしっかりとケアをして、万全の状態で臨みたいという方のために、前撮りの日に向けたブライダルエステについてご紹介します。

 

様々なメリットがあるブライダルエステ

招待客の選定や招待状作り、結婚式場の選定、料理のメニューなど、結婚式準備には目も回るほどの忙しいスケジュールがつきものです。
その多忙の中で、毎日コツコツ運動をしたり、食事制限をしてダイエットをしたりすれば、逆にストレスでお肌の調子が悪くなったり、食欲が止まらなくなったりすることもあり得る話です。
ストレスは美容の大敵ですので、大変な結婚式準備の中でも、なるべくストレスを溜め込まないようにしなければいけません。
そんな状況ですので、一人で抱え込まずにエステティシャンという美容のプロに相談してみるというのも一つの方法です。
もちろん、その分の費用はかかりますが、エステの施術によって癒されたり、自宅でのケアについてもアドバイスをもらえたり、などといった様々なメリットがあります。

 

前撮りをする場合のブライダルエステのスケジュール

まず、ブライダルエステというものは、通常のエステとは異なり、挙式当日などの目標とする日に最高の状態になるように、施術のスケジュールを組んでいくところに特徴があります。
ただ、前撮りをする場合には、前撮りの日の状態も重要ですので、前撮りの日も目標の一つとしなければいけません。
そのため、式の当日と前撮りの日の二つの日を目標とするため、施術スケジュールが前撮りを実施しない場合と比較して、大きく異なってくることになります。
(一例を挙げますと、通常、ブライダルシェービングは、結婚式の直前の一度だけでいいのですが、前撮りをする場合には、前撮りの直前にも受ける必要があります。)

 

具体的なスケジュールについては、どういったケアを、どの程度受けたいかなどの希望によって、大きく異なってくる事になりますので、一概に言う事は出来ません。
また、当然ながら予算によっても、どの程度のケアを受けられるかが変わってきますので、予算によってもスケジュールは大きく変わってきます。
そのため、具体的な施術スケジュールについては、予算や希望を踏まえて、サロンで無料カウンセリングなどを利用して、相談しながら決めていく事になります。

 

どうにしても、結婚式よりも一定程度、前の時期の前撮りの日に向けて、ケアを行っていく必要があります。
ですので、前撮りをしない場合と比べて、早め早めにサロン探し等のブライダルエステの準備を始める必要があります。
何かと忙しい結婚式前の時期ではありますが、充実した前撮りとするためにも、あまり後回しにはせず、スケジュールに余裕を持って行動するのが望ましいでしょう。

 

 

神戸のブライダルエステ人気ランキング