妊娠中でも受けられるマタニティブライダルエステについて

MENU

妊娠中でも受けられるマタニティブライダルエステについて

結婚式といえば、女性にとっては一生に一度の晴れ舞台です。
その晴れ舞台に、最高に美しい状態で臨むために、多くの花嫁さんがブライダルエステを利用しています。

 

最近は「授かり婚」が増えている

最近では、いわゆる「授かり婚」が増えていて、妊娠した状態で結婚式を挙げる女の人も少なくはありません。
お腹の中の赤ちゃんの事は、もちろん大切に思っているでしょうが、それと同時に一人の女性として結婚式で美しくありたいという想いもあるでしょう。
ですから、妊娠中でも受けられるものなら、ブライダルエステを受けて、結婚式に向けて綺麗になりたいと思うでしょう。

 

妊娠中でもブライダルエステを受けられる?

ただ、そうはいっても、胎児への影響を考えれば、避けたほうが良いことがたくさんあるのは分かっていて、エステは受けられないのでは?と思う方も多いでしょう。
それでは、妊娠中でもブライダルエステは受けられるのでしょうか?
結論を言えば、受けられるケアの内容に制限は付きますが、ブライダルエステを受ける事は可能です。

 

そして、最近では授かり婚が多いことから、妊婦さん向けのブライダルエステ「マタニティブライダルエステ」のコースがあるサロンも多くあります。
このような妊婦向けのコースでは、お腹の子に悪影響を与えるおそれのある施術は除かれていますので、安心して受ける事ができます。

 

ただし、妊娠期間のいつでも受けられるというわけではなく、妊娠中期5〜7か月の安定期に入っている必要があります。
さらに多くのサロンでは、お医者さんの許可が無ければ、マタニティブライダルエステを受けられないようになっています。

 

受けられる施術・受けられない施術

それでは、どのような施術であれば妊娠中でも受ける事ができて、どのような施術が受けられないのでしょうか。

 

まず、機械を使った施術や力強い痩身マッサージなどは受ける事ができません。
妊娠中は太りやすく、むくみも出やすい時期ですので、ウェディングドレスを綺麗に着こなすためにも、痩身メニューやスリミング効果のあるマッサージを受けたいと思う気持ちがあると思いますが、そういった施術は避けなければいけません。
さらに、超音波を使った施術も、お腹の赤ちゃんに影響をおよぼす可能性があります。
電気系、RFやキャビテーションなども、すべて受ける事はできません。
顔のケアならお腹の赤ちゃんには関係無いから大丈夫だろうと思いがちですが、受けられない施術もあります。
例えば、リフトアップする超音波のケアやお肌に有効成分を導入するイオン導入なども、お腹の赤ちゃんに悪い影響をおよぼす可能性があるので、受けられない場合が多いです。
ですので、フェイシャルケアを受けたい場合には、電気系の機械を使わないオールハンドによるケアを受ける事になります。
体の方でも、オールハンドのケアであれば安心なので、ボディーマッサージも受けることができます。
(先ほど述べた通り、激しい痩身マッサージなどは除きます。)
妊娠中はむくみや腰痛に悩まされることが多いので、マッサージでリンパのつまりをほぐし、むくみをケアすることでスッキリできます。

 

また、ブライダルシェービングも安心して受けることができます。
妊婦さんはホルモンの関係から毛が濃くなる事もあるので、本格的なブライダルシェービングを受けることでムダ毛をケアする必要があります。
(とはいえ、妊娠していない方でも、ほとんどの方がブライダルシェービングを受けるわけですが。)

 

このように、妊娠中にブライダルエステを受ける場合は、マシンを使用した施術はほぼ受ける事ができません。
もしかすると、受けられる施術にそんなに制限があるなら、マタニティエステなんて受ける意味があんまり無いんじゃあ…、と思うかもしれません。

 

ですが、妊娠期間中というのは、体調面でも精神面でも不安定になりやすい大変な時期です。
それに、結婚式の前の時期というのは、準備などで何かと忙しい時期です。
一つだけでも大変なものが二つ重なってしまうわけです。
そんな疲労もストレスも溜まる時期に、エステのリラックス系マッサージなどによるケアは、疲労の回復にもストレスの解消にもなる貴重な時間になります。
ブライダルエステにはこういった癒しの効果もありますので、上手にエステを活用して、妊娠と結婚準備が重なる大変な期間を乗り切って、さらに美しくなって、幸せな結婚式を迎えて下さい。

 

 

神戸のブライダルエステ人気ランキング